MENU

古くから珍重されるマカの歴史

 

マカは南米ペルーの高地に自生していたアブラナ科の植物で、古くから現地の人々の間で滋養強壮の食物として愛されてきたものです。

 

インカ帝国時代には、兵士が戦場へ出向く際に、力をつけるために食べていたという記録も残っており、環境の厳しいところで育ったマカはそれだけ大地の恵みや強さを多く含んだ食べ物であり、ペルーの人々にとっても力をつけたい時に食べる食べ物としての歴史も深いことが伺えます。

 

日本では、健康食品やサプリメントの原料として使用されていますが、近代でも現地の人々はマカの根を焼いて食べたり、ソテーにして食べるのが一般的なようです。

 

最近では、観光客向けとしてスポンジケーキやジュースなどに入れて販売していることもあるようです。

 

マカには、私たちの体に必要不可欠であるビタミンやミネラル、アミノ酸などを多く含み、非常に栄養素が集約している他に、男性機能が改善したり、精子の運動量や質が高まったなどの効果の他、ノコギリヤシなどの成分と同じく前立腺肥大を抑制する交換もあるとされ、男性にとっては非常に良い成分であることは間違いないでしょう。

 

また、男性だけでなく女性の不妊や生理痛、PMSや更年期障害の改善にもつながるとして多くの作用が期待できるため、日本でもマカの摂取はますます多くなることでしょう。